読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月26日の「東京マラソン」から見るマラソン・ジョギング参加率

東京マラソンが、2月26日に開催され、およそ3万6000人が参加を予定している。

午前9時すぎに新宿の東京都庁前をスタートし、銀座や浅草など都心部を走る。

 

ゴール地点は今年から東京ビッグサイトから東京駅前に変更された。

これまでは“3万人が安全に走ることができる”レースづくりに注力しており、

交通の影響が少なくなる臨海部のビッグサイトが選ばれた。

 

しかし、運営側はノウハウの集積や関係者の認知の向上により、選択肢が広まった。

ニューヨークシティマラソンのフィニッシュはセントラルパークなどその都市を代表するようなロケーションが選ばれており、東京もその顔に相応しい場所とするため、今回、東京駅前へと変更になった。

 

これまでのコースは臨海部を走るので海風の影響を受けるなど、ランナーに負担が大きかったが、今回のコース変更は負担軽減になると考えられている。

 

沿道で約160万人が観戦する見込みとなっている。

 

東京マラソンは格式の高いアボット・ワールドマラソンメジャーズ2013年に加入し、世界を代表するマラソン大会となっている。

ここには6つの大会が加入し、他にはボストンマラソンロンドンマラソンニューヨークシティマラソンなどが名を連ねている。

 

今年の東京マラソンは、3万6000人の枠に約36万人の応募があった。

 

www3.nhk.or.jp

 

thepage.jp

 

【主張】東京マラソン 見る側も「安全」の主役に(1/2ページ) - 産経ニュース

 

また、関連イベントとして、「東京マラソンEXPO 2017」が2月23日~25日の3日間にわたり、東京ビッグサイトで行われた。

東京マラソンの出走ランナーへのゼッケン配布も兼ねたイベントで、

マラソンなどに関係する137のブース出展がある。

入場無料で東京マラソンに参加する人もしない人も、自由に参加できる。

 

東京メトロマスコットキャラクター駅乃みちか」が出迎えてくれる

ゲームや体験コーナーで親子一緒に楽しめる東京メトロのブースや

東京マラソン2017のオフィシャルペースカーメーカーとなっているBMWなどのブースが出展している。

東京マラソン2017で優勝した男子選手に賞品として贈られる「BMW i3 SUITE」も展示され、セレモニーで手渡されるキーの巨大レプリカを手にして“受賞”の体験も可能。

 

マラソンしない人でも楽しい、遊べるアトラクションだらけ!「東京マラソンEXPO 2017」 “旅”にかかわる企業ブースを一挙紹介 - トラベル Watch

 

総務省平成23年社会生活基本調査(2011年)によると、マラソン・ジョギングの実施率は以下の通り。

 

1

ウォーキング・軽い体操

35.2

2

ボウリング

12.8

3

水泳

10.5

4

器具を使ったトレーニング

9.9

5

ジョギング・マラソン

9.6

6

登山・ハイキング

9.2

7

サイクリング

8.9

8

ゴルフ(練習場を含む)

8.1

9

つり

8.1

10

野球(キャッチボールを含む)

7.1

 

総数

 9.6

男性

 12.8

女性

 6.6

10~14歳

 28.0

15~19歳

 21.5

20~24歳

 16.2

25~29歳

 15.3

30~39歳

 12.5

40~49歳

 9.4

50~59歳

 6.1

60~64歳

 4.3

65~69歳

 4.1

70歳以上

 1.8

 

 

スロージョギング入門 (PHP文庫)

スロージョギング入門 (PHP文庫)

 
知識ゼロからのジョギング&マラソン入門

知識ゼロからのジョギング&マラソン入門